プロミスは消費者金融業者の中でも人気の高い大手業者ですが、他との「差別化」という点において見逃せないのが「返済日」です。プロミスから融資を受けた分については返済をしなければなりませんが、プロミスではその返済日を

 

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

から選択できるようになっています。この「選べる返済日」というのは、消費者金融の中でもプロミスならではのサービスといえるもので、この中から自身にとって都合の良い日程を選ぶことができます。

返済日を選べるメリットとは?

これがたとえば家賃や公共料金の引き落としの場合を考えてみると、ほとんどの場合指定された日以外は設定ができなくなっています。また、住宅ローンの支払い日についても銀行が設定した日でなければ対応ができないといったケースがほとんどではないでしょうか?

 

カードローンの返済日をコントロールできないものだろうか?


プロミスの返済はさすがにいつでも良いというわけではないまでも、それでも選択可能な日程の中から都合の良い日にちを選ぶことができるようになっています。当然ながらカードローンの返済ともなれば、

 

少しでも「お金に余裕がある時」に支払いを行いたいところです!


勤務先によっては給与の支払い日というのはそれぞれ異なるものですので、たとえば月末に給料日があるという人であればプロミスの返済日もその日にあわせて設定しておくと安心です。

各業者の返済日の考え方

この「返済方法」についての考え方は消費者金融業者ごとに異なっており、たとえばアコムでは指定日ごとの返済に加えて「35日ごとの返済」といった返済方法も選べるようになっています。

 

返済日ってそんなに重要かぁ・・・


毎月決まった日に返済を行うことに変わりはないものの、返済期間が長くなりますので結果的に支払う利息も増えるといったデメリットが考えられます。また、消費者金融を利用するうえで最も避けたいのは「返済の滞納」です。

 

滞納を防ぐ為には給料日前よりも給料日後の近い日を返済日に選ぶほうがベストです!


滞納を防ぐには、「返済しやすい」状況を作ることが大きなポイントとなります。こうした状況を考えると、プロミスでは自身にとって都合の良い日に返済日を設定できることから「滞納しにくい」仕組みを設定できるといえるでしょう。