プロミスでは融資を行う際の金額を「審査」によって決定しています。最大で500万円まで借りることができるプロミスですが、当然ながら誰が申し込んでもそこまで融資が受けられるというわけではありませんし、人によって借りることができる金額は異なります。

 

最大限度額で融資を受けるにはいくら年収が必要なんだ?


具体的にいくらまで融資を受けることができるのかという点については実際に審査を受けてみないことにはわかりませんが、審査に通ることだけを目的とするのであれば最小限の金額で申し込むと良いでしょう。

先ずは返済実績を作る事から

プロミスでは最低融資額は1万円となっており、千円単位で融資を受けることはできません。とはいえ、1万円ではプロミスが得られる利息もほとんどありませんし、融資を受ける側も1万円程度ではプロミスを利用する価値はあまり無いといえるでしょう。

 

幾らを目安に申込めばいいのかなぁ?


その為、ここでいう最小限の金額としては10万円をひとつの基準と考えてみると良いでしょう。例えば学生でも安定した収入があればプロミスを利用してお金を借りることが可能です。

但し、学生の場合は主な収入源がアルバイトであることから、どうしても会社員や公務員に比べると収入は低くなります。その為、プロミスでは学生が融資を受ける場合の金額としては10万円をひとつの基準としており、言い換えると学生でも「10万円までは融資を受けられる」と考えることもできます。

増額で限度額を引き上げる考え方

こうした理由から最初は10万円で申し込んでその後返済実績を高めて増額を申し込む、といった方法が良いでしょう。因みにプロミスでは専用ATMの利用などで1,000円単位で借り入れることができます。

 

5,000円だけでもキャッシングできるのかなぁ?


あくまでも申し込む事ができる融資金額は最低ラインが1万円という事なので少しの金額で借り入れたい場合でも対応することが可能です。また、プロミスの場合大前提として「総量規制」の規定が適用されますので年収の3分の1を超えて融資を受ける事はできません。

その為に先ずは少ない金額で申し込んでおいてその後増額するという方法がおすすめです。