プロミスで融資を受ける場合の特徴のひとつに「資金の使用使途は自由」というものがあります。つまり、基本的には何に使っても特に問題はない、というものですが、使用目的によってはプロミスの審査に通らない可能性があるものもあります。

その前にプロミスが使用目的として想定しているものを挙げてみましょう。

 

  • 趣味や嗜好品の買い物
  • 旅行
  • 引っ越し費用
  • 車の購入や修理費用
  • 冠婚葬祭
  • 医療費
  • 投資目的

これらの項目の目的であればプロミスの審査の際に申告をしても、使用目的を理由に審査に通らないということはありません。また、実際にプロミスを利用してお金を借りたい人のほとんどがこうした目的で融資を受けるのではないでしょうか。

では、プロミスが使用目的として想定していないものにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

  • 事業性資金
  • 生活費
  • パチンコや競馬などのギャンブル
  • 住宅ローンの返済

このうち、「事業性資金」についてはプロミスが利用目的として「不可」と明言しているものとなっています。では生活費についてはどうでしょうか?ここでいう生活費とは、いわゆる水道代や光熱費などの公共料金であり、食費と考えることができます。

 

想定していない目的といっても多重債務者からすれば、逆に最も多い目的に思えるのでは・・・


もしもこれらの費用をプロミスでまかなう場合、当然ながらかなり困窮している可能性があり、それだけ返済能力についても不安に思われてしまいます。同様にギャンブルについても「信用度」の面でプロミスの審査では評価が低くなります。

 

そうだよね。投資目的も含めて、たとえ本当の目的がそうであれ用意周到な利用者であれば適当に想定内の目的で記入する可能性は高いと思うなぁ・・・


住宅ローンの返済については、毎月の収入だけでまかなうことができないということなので、やはりプロミスの融資に対して返済が行われない可能性が考えられます。これらの使用目的については、もちろん融資を行った後でプロミスが追跡調査をするわけではありません。

その為、遊興費とだけ書いておいて実際には既存の借金の返済に充てるといった事もできないわけではありませんし、「使用目的は自由」である以上特に違反というわけでもありません。それでも融資を受ける際の判断基準のひとつである以上、記入は慎重に行うべきです。