消費者金融の場合、申し込む際に様々な条件が必要になってきます。それは、プロミスも例外ではありません。そんなプロミスの申し込む条件の中に

 

「申し込む本人に安定した収入がある事」


とあります。しかし、必ずしも正社員ではないといけないという記述は一切ありません。そのような事から、安定した収入があれば、正社員ではなくても、パート、アルバイトでも申し込みを行う事ができるという事になります。

申込み条件は同じでも融資限度額には差がある

しかし、この場合、パートなどだと収入が少ない事が多いため、多額の申し込みを行う事は困難です。また、

 

審査基準に関しては勤続年数も重視される傾向にあります。


その為、同じパート先の人でも、年収や勤続年数によって、融資可能額や審査に通過する可能性も違ってきます。また、パートで働いている人の多くは、旦那さんがいる人も多く、そして、その旦那さんの収入で生活をしている人も多いと思います。

 

妻の年収は含めれないのかぁ・・・


確かに全体の世帯収入として年収額を考えたいと思う人もいるかも知れませんが、プロミスの審査基準の場合、あくまでも年収とは申し込み本人の年収であり、勿論、勤続年数も同様です。

その為、パートを始めたばかりの人と5年以上10年以上パートを続けている人とでは、同じように申し込んでも審査に通過する可能性は5年以上10年以上パートを続けている人のほうが高いと考えるべきです。

このようにプロミスではパートの人でも借入行う事は十分に可能ですが、借入可能額などで差がでるのは仕方のない事です。