プロミスは消費者金融の大手業者のひとつであり、SMBCコンシューマファイナンスが運営しています。このプロミスと他のカードローン業者との違いですが、最大の違いはやはり適用される金利にあります。

 

プロミスの上限金利が他社の上限金利より0.2%低い設定なのはそれほど得なような気がしないんだけど・・・


消費者金融で融資を受ける場合に適用される金利については法律で規定されており、かつては「グレーゾーン金利」というものがあったことから適用される利率についても高いものでした。

法改正によってグレーゾーン金利が改められてからは利息制限法で定める上限金利が適用されるようになっており、

 

  • 10万円未満の場合→20%
  • 10万円以上100万円未満→18%
  • 100万円以上→15%

という利率が上限金利となっています。プロミスを含めた消費者金融で融資を受ける場合というのは上記の金利が上限金利として設定されており、それを超えて金利を適用することは違法であることからほとんどの消費者金融業者では上限金利を18%と設定しています。

 

利息制限法の上限金利からいっても100万円までの融資なら18%迄認められるから0.2%といっても少しは得だよ!


そんな中、プロミスでは融資を行うにあたっての上限金利として17.8%と他の業者よりも0.2%低い利率設定で融資を行っています。

消費者金融の上限金利とは?

法律で定める上限金利18%というのはあくまでも設定しても構わない「上限」の利率を決めたものであり、必ずしも18%適用しなければならない、というわけではありません。逆にいえば、18%よりも低く設定されていればいるほど得だという事です。

 

他社でも100万近く借りれば、18%より低い利率で借りれるのでは・・・


つまりはそれを超えなければ法定の上限金利を下回っていたとしても何ら問題はなく、自由競争の原理から考えても、プロミスが他の業者よりも低い金利を設定していることは特に問題となることでもありません。

 

上限金利という意味ではそのような考えもできるけど各社細かく利率の上限を決めているわけではないので100万円迄の融資ならほぼ間違いなく上限金利を請求されるよ!


この「金利の違い」は、言うまでもなく利用者にとって大きなメリットとなります。同じ金額の融資を受けたとしても、設定される金利が低ければそれだけ支払う利息も少なくなるためです。

もちろん金利が下がればそれだけプロミスが得られる利息が減るということでもありますが、それを見越してより多くの顧客を獲得出来ると判断しているからこその利率設定であるといえるでしょう。